X1 Carbonを使い始めてトラックポイントにほぼ手を触れなくなった

By: Sven

あれほどThinkPadが好きだったのに…。

アインデンティティがなくなるというのは悲しいものです。ボクはいま、ThinkPadのアインデンティティがなくなっていくところに遭遇しているような気がしています。X1 Carbonを使い始めて1週間。ThinkPadを使っているくせに、トラックポイントをさわることがほぼなくなってしまったのです。

はっきりいってThinkPadとして使うには微妙

先週、ThinkPad X1 Carbonを購入しました。Adaptiveキーボードと5ボタントラックパッドというThinkPadの伝統をぶっ壊したキーボードを搭載している本作。

Adaptiveキーボードは可能性を感じるものの、はっきりいって完成度が低い印象です。

そしてスクロールボタンやクリックボタンが廃止された5ボタントラックパッド。トラックポイントでのスクロールがうまくできないし、右クリックしにくいし、お世辞にも使いやすとはいえないです

あと1歩!新しいThinkpad X1 Carbonを1日使用してみた
昨日の記事にて、Thinkpad X1 Carbonを購入しましたといいました。つづきまして、1日使ってみた感想を書いていきます。 話...
スポンサーリンク

トラックパッドが使いやすい

しかし、購入前は「うまく使えるのかな」という不安があったのですが、実際使用してみるとトラックパッドの出来がよく、トラックポイントにほぼ触っていない自分に気づきました(←ThinkPadファン失格)。

機能が格段に向上

現在、ボクがよく使う機能が以下の5点といったところです。

  1. タップでクリック
  2. 2本指タップで右クリック
  3. 2本指でスクロール
  4. 3本指右スワイプで戻る
  5. 3本指左スワイプで進む

いつごろからこういう機能が搭載されていたのか知りませんが(情弱)、すごく便利です。

昔と違い感度がいい

いくらいい機能があったも、うまく動かなくては意味がありません。その点、この「X1 Carbon」はすごく反応がいいのです。2重操作を防止するためか、トラックポイントを使っていると反応が鈍いのですが、それ以外のシーンでは実にちゃんと反応してくれます。(というわけでトラックポイントに触らなくなっていくわけです

昔のノートパソコンといえば、パッドが使いづらくマウスが必須でした。しかし、ポインタ移動も敏感ですし、2本指、3本指、4本指の誤感知も全くと言っていいほどありません。

したがって、向上した機能がしっかり使いこなせるようになっています。時代の進化ですね~。

トラックポイント終焉か…

トラックパッドとして使いやすく、トラックポイントとしてつかいづらい「5ボタントラックパッド」。こんなものを搭載してしまってはThinkPadの象徴トラックポイントを搭載している意味がないのではないでしょうか。

トラックポイントを使いやすいものにするには、やはり独立クリック・スクロールボタンは必須だと今回思いました。そして、そのボタンがないトラックポイントには意味がないでしょう。ThinkPadとして売るならスクロールとクリックボタンは復活してほしいです。ホームポジション絶対キープ派の方ために!

そして、こんなにトラックパッドが使いやすくなっているなら、ボクのような軟弱ものには十分です。はっきいって、いまの仕様はThinkPadとして中途半端です。どちらかに特化したほうが商品としてわかりやすくなるでしょう。

この中途半端仕様が続くなら、次はMacBook Air Retinaかな、と思います。というか別のLenovoの安物で十分いける気もしますね。Windows陣営が偉大なるAppleの機能をパクっているだけのような気もしますが、いいものが世に広まるのはいいことです。。

そして、変化できないものは世から去るのみ、というのも真実なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>