Windowsエクスプローラの表示形式を自分で変更する方法

全然音楽とは関係ない話です。。

ブログを書くようになって、画像を扱う機会が増えたんですよね。スクリーンショットをとったり、写真をアップロードしたりすることが増えたわけです。

そんな一時作業の時は適当なフォルダにガスガスとファイルを突っ込んで作業するのですが、特定種類のファイルが割合を占めてくるとWindowsがおせっかいな機能を働かせてくれます。

そんなWindowsのおせっかい機能をOFFにするお話であります。

スポンサーリンク

エクスプローラの表示形式は入っているファイルの種類で決まるっぽい

そういう画像はとりあえず適当なフォルダーに突っ込んでいるんですが、画像ファイルが増えてくると勝手に「ピクチャ」形式の一覧表示になっちゃうんですよ。

こんな感じです。更新時間もファイルサイズもなにもでません。最新のファイルを探すためのソート機能するでてきません。これがピクチャ形式っぽいです。Microsoftの好きそうなお節介押しつけ機能です(笑)。一時的なファイル置き場でしかないので勝手に変えられるとイラッとします。

ピクチャ形式になってしまったフォルダ

ex

じゃあ、表示形式を変えてみよう

いままで、イラッとしつつも我慢してきたのですが、一時フォルダに画像ファイルをおくことが増えましたので形式の変更は困ります。

解決策を本腰入れて調べる必要がでてきたのです(大げさ)。

該当のフォルダを右クリック

設定を変えたいフォルダを右クリックして、一番下ののプロパティを選択します。

ex_setting

フォルダ最適化の目的を好みのものに変更する

プロパティの「カスタマイズ」タブを選択して、「このフォルダーを次の目的に最適化」を選択します。
あとは、好きな表示形式を選択するだけです。ボクの今回の場合は「全般」を選びます。

スクリーンショット 2015-02-01 00.04.11

無事、一覧表示になりました。できあがりです。

ex_result

まとめ

Microsoftおしつけがましくて、かつ変更しにくいんだよ!

えぇと、面倒くさくてもちゃんと適切な設定をして作業効率をあげることって大事ですよね。ボクもこれで作業効率がだいぶあがる気がします。。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>