で、Tug of Warのリミックスは結局どうだったのよ

非常に今更感のある話題ですが…。

偉大なるSir. Paul McCartneyのビートルズ解散以降のアルバムリマスターシリーズ「Paul McCartney アーカイブコレクション」。2015年は「Tug of War」と「Pipes of Peace」の2作品が発売され、ファンからの高額のお布施を集めることに成功したと思われます。

で、今回の話題は「Tug of War」がリミックスされる!ということですよね。

豪華な箱の中身とともに感想とか書いておこうと思います。

スポンサーリンク

Tug of War / Paul McCatney (1982)

ジョン・レノン死後最初のポール・マッカートニーのアルバム。ジョージ・マーティンがプロデュースしてたり、リンゴが参加してたりして、色々な意味でビートルズファンの記憶補正が働いているアルバムではないでしょうか。

ファンの間では人気が高く、そしてワタシも御多分に漏れず大好きな1枚であります。

デラックス・エディションの紹介

箱入りになりました。2014年のVenus and Mars、Speed of Soundのような「本形式」ではありません。Wings Over Americaのときと同じような箱の中に色々入ってる形です。相変わらずシリーズとして統一性を持たせる気はないようですね(笑)。

20151231_145830037_iOS

全体

こんな感じです。

20151231_145435972_iOS

スティーブ・ガッドも髪が黒かったんだ、と思える写真がありました(笑)。。

20151231_145708922_iOS

ボーナスDVD

2か月に観たはずですが、記憶がない。。もう、映像のボーナスやめたらいいんじゃないのかな。Band on the Runの「One Hand Clapping」は画質こそアレでしたが、コンテンツとしては成り立ってましたからね。無理やり付属させてる感じしかしません。。

で、リミックスは??

さてさて肝心の音源について触れていきます。

ハイレゾ

今回、本編こそ96khz/24bitでハイレゾ音源がでていますが、ボーナストラックは44.1khz/24bitでのリリースとなっています。

  • 本編→96khz/24bitのリミックス
  • ボーナストラック→44.1khz/24bitのリマスター

ちなみにe-onkyoの表記ではデラックスエディション(ボーナス音源付き)は全編44.1khzとなっています。本編のみの通常盤は96khz表記です。まったく意味が分かりませんね。

一応、1曲目「Tug of War」の周波数解析結果はこんな感じであります。

スクリーンショット 2015-12-31 23.43.30

うーむ、20khz以降30khzまで順調にダラ下がり。オリジナルレコーディングはどのようなフォーマットで行われたのか非常に興味があります。

音質ですが、いままでの80年代アルバムの音がかなり貧弱でしたので、改善を実感できる出来ではないでしょうか。ただ、ハイレゾサイコーって感じまではいきません。。初期のデジタルレコーディングっていうのがネックなのかな~。

リミックスはどうなのよ

そして、今回の目玉のリミックス。

これはすごぉーく、いいんじゃないでしょうか。ビートルズ関連ってオリジナル至上主義の方が多いですから否定的な意見が多くなりそうですけど、いいと思いますよ。

月並みですが、ハッキリ、クッキリした感じです。すごく現代らしい。

ワタシ、あの80年代風の一枚曇りガラスの向こうで鳴るような音作りがあんまり好きではないので、この変化は歓迎です。

一番わかりやすいのは本編の「Evony and Ivory」とボーナスの「Evony and Ivory(ポールのソロバージョン)」を聴き比べてみることだと思います。後者はいかにも80年代っていう音作りに対して、前者は最近のレコーディングだと言われても遜色ない感じです。

まあ、アルバム全体通して聴きますと80年代的な音はちゃんと残っています。くそ耳なワタシは指摘されないと「リミックス」だとは気づかないでしょうね。「へー、随分と派手にリマスターしちゃったねぇー」っていう感じです。

まとめ

素人なのでどうでもいいんですが、少なくともオリジナルマスターは44.1khzの作成しかなかったのかなぁ、と思います。だから今回のボートラは44.1khzどまりなのかと。。

あらためてアナログマスターからリミックスしないと96khzにする必要がなかったのかもしれません。

ただ、そうするとどうやって同時発売のPipse of Peaceを96khzにしたのかが謎になるのですけどね。レコーディングは同時期でもこちらはアナログマスターがちゃんと残ってるってことですかね。謎が多い今回のリリース形態です。

ハイレゾ:Tug of War / Paul McCartney [e-onkyo]

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>