ボブ・ディランの新譜『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』がいよいよ発売

bob-dylan-63158_640

ボブ・ディランのテンペスト以来3年ぶりのスタジオアルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』が今週発売になります。

どうみても何かのパクリのようなアルバムジャケット(笑)。すべて一発どりらしいですが、どうなんでしょうね。

スポンサーリンク

Shadows In The Night

なんと御大36作目のスタジオ・アルバムとなるそうです。元気ですね。もはやフォークギターを持っているところを見なくなったフォークの神様。

はっきりいって、前作「Tempest」はいいとは思えなかった。なんか各曲が間延びしててダレルんですよね~。

でもそれって、ポールやクラプトンとは違って「変わり続ける」を実践しているんですよ。常に新しいことに、それも世間のイメージとか全く関係ない方へ突っ走っていますよね。

昨年の来日公演はとっさには意味が分からなかった

これ、否定的にとってほしくないのですが、ほんと変わり過ぎて、とっさにはついていけないんですよね。

ワタシ、昨年の来日公演をZepp Fukuokaに見に行ったのです。その時のアンコールはおなじみの「見張り塔~」と「風に吹かれて」だったのですが、「風に吹かれて」はもはや原型をとどめていない(笑)。

一部でハーモニカは吹きますが、基本キーボード。フォークの神様? アホ言ってんじゃねぇよ! という勢いでライブはすすみました。途中に休憩まであったし。

選曲自体も最近のアルバムからが多く、とても某ポールにはできないことですな。おい、ポール! 次はビートルズ抜きのライブを頼みますよ! (そしたら10万でもいくから…)

話が逸れましたが、ディランが変わっていったのっていつごろなんでしょうね。やっぱり、声が全然変わっちゃってますもんね~。ある意味現在はつぶやきに近い。。。

時代に合わせて表現方法がどんどん変わっていくボブ・ディラン。はっきりいって、ついていけないと思う瞬間があるのですが(笑)、自分の表現したいことを貫く姿勢がすごいです。

ハイレゾの配信予定が見当たらない

もちろん、ニューアルバムも予約済みです。不満はハイレゾ配信予定が見当たらないことですかね。見落としているだけかもしれませんが…。

※2015/2/7追記 聴いてみた感想も記事にしました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>