NUDE MAN ~大ヒット曲をアルバムにいれないサザンオールスターズ

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_m

サザンオールスターズ10年ぶりのアルバム「葡萄」発売まであと1週間にせまってきたわけで、過去のサザンのアルバムを振り返ろうシリーズも締切がせまってまいりました(笑)。

発売日までに全記事をアップできるか若干微妙ですが、今回は1982年のアルバム「ヌードマン」を観察してみます。

スポンサーリンク

NUDE MAN / サザンオールスターズ (1982)

1982年発売のサザンオールスターズ5作目のオリジナルアルバム。

この年、チャコの海岸物語が大ヒットして、お茶の間的にも復活したサザンが満を持して夏に発売したアルバム。

1982年度オリコンアルバムチャート第3位。このころのサザンはただでさえオリジナルアルバムの売り上げ圧倒的に強かった。しかもお茶の間に復活したので、なにもしなくてもそこそこ売れる算段はあったはずである(笑)。

ジャケットは桑田さんではない

自分がファンになったころ、ヌード・マンのジャケットをみて思ったのは「これ誰だろう?」ってことでした。(まあ誰でもいいんですが)

桑田さんのラジオなんかでも3年に1回くらいこの質問は投稿されていて、そのたびに桑田さんは「自分ではない」といっています(笑)。

インドとか、そのあたりの地域で撮った写真を適当に選んだらしいです(笑)。いいですね~、いまと違っていい加減な感じが商業要素を和らげています。

チャコの海岸物語は入っていない!

さて、商業要素を感じないもうひとつの要因は1982年の大ヒット曲「チャコの海岸物語」が収録されていないことでしょう。

この曲が発売されるまでサザンはシングルの売り上げが全く売れず、テレビ的に昔の人に近かったと思われます。しかし、トシちゃんを真似て、テレビ受けを狙ったこの曲の大ヒットによって見事お茶の間への復帰も果たすのです(笑)。

(このころ桑田さんと原さんが結婚するという、お茶の間うけする出来事がもうひとつあるのですけどね。。)

その大ヒット曲が半年後に発売された「ヌード・マン」には入っていないのです! キラーストリートで片っ端からシングルの曲を入れていたのとは大違いですね~。まあ、キラストはそのごった煮ぶりを魅力にしたアルバムなのですけどね…。

この事実は今の音楽シーンではあまり考えられないことです。確かにレコーディング時期を考えると、ヌード・マン用のセッションとチャコは別の期間です。だからって、こうあっさり大ヒット曲を切り捨てられるのは、アルバムに相当自信があったからなのではないかな~と考えます。

歌謡曲登場

先行シングルである「匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB」(これも結構なヒット曲)をはじめ、このアルバムには歌謡っぽさが色濃い曲がいくつかあります。

  • 思い出のスター・ダスト
  • 夏をあきらめて
  • 流れる雲を追いかけて
  • 女流詩人の哀歌

女流詩人の哀歌はちょっと違うかもしれませんが、ほんと歌詞を考えると歌謡曲っぽいなつかしさが濃いんですよね~。

「Oh! クラウディア」は原由子作曲?

現在でも人気の高い「Oh! クラウディア」。昨年末の「羊だよ!全員集合」のラストでも披露されましたね。

このヌード・マンでは8曲目に収録されています。

そして、この曲「原由子作曲」説が存在しています。

前年(1981年)に原さんはソロアルバム「はらゆうこが語るひととき」を発表しています。それに伴い小規模なツアーも行われたのですが、そこで「Oh! クラウディア」っぽい曲が原さんの弾き語りで披露されていたそうなのです!

はらゆうこが語るひととき – Wikipedia

この披露の経緯から「Oh! クラウディアは原さんが作ったのではないか?」という説がファンの間では昔からよく言われています。

もちろんクレジット上では「作詞作曲 桑田佳祐」ですので、実際はわかりません。単純に原さんのツアー用に桑田さんが書いた曲かもしませんしね。

でも、こんな名曲が実は原さんの曲だったらそれはそれで面白い話ですよね~。

まとめ

ヌード・マンはサザンにとってお茶の間復活後初のアルバムであり、そのくせお茶の間復帰曲を収録しないというものであります。

アルバムの雰囲気上除外したのか、収録時間(ヌード・マンは47分を超えており、LPの音質的にはほぼ限界の時間)の関係上カットしたのかはわかりません。

でも、こんなヒット曲を収録せずにアルバムを発売するなんて攻撃的でいいじゃないですか。しかも、Oh! クラウディアの話もなんかサザンが攻めている感じがしていいんですよね。

ヒット曲は少ないけど、サザンって感じがするアルバムです。

NUDE MAN

2,200円
(2015.03.22時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>