CDがレアになるかも?サザンの未配信LIVE音源まとめ

iTunesにて全曲配信を開始したサザンオールスターズ。

しかし、よくみてみると昔シングルのカップリングとなっていたLIVE音源は配信されていません。さらによくみてみるとmoraでも公式サイトでも配信してない!ということで、貴重な音源になるかもしれないサザンのLIVE音源一覧をまとめみます。

スポンサーリンク

サザンオールスターズ公式発表済みLIVE音源のまとめ

ミス・ブランニュー・デイ (Live at BUDOKAN)

1985年のシングル「メロディ (Melody)」に収録。サザンオールスターズとしてはじめてライブ音源を発表。

Oh! クラウディア (Live in YOKOHAMA STADIUM)

1989年のシングル「女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」に収録。

鎌倉物語(Live In Yokohama Stadium)

1989年のシングル「さよならベイビー」に収録。

Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) <Live in YOKOHAMA STADIUM>

1989年のシングル「フリフリ’65」に収録。表記は若干違うものの、1989年の3曲はいずれも前年の「大復活祭」からの音源と思われます。ひょっとしたらサザンの解散ライブだったかもしれないやつですね~。

1989年はシングル3枚切ってますが、サザンとして楽曲作る気があまりなかったからライブ音源を詰め込んだのではないでしょうか(笑)。

心を込めて花束を<茅ヶ崎ライブVersion>

2000年のシングル「この青い空、みどり~Blue In Green~」に収録。あの、まるで今年のSTA○細胞みたいにワイドショーでも話題になった2000年茅ヶ崎ライブにおけるオーラス曲の音源です。潮風の影響で桑田さんの声の調子が最悪です。それでもゲネプロ含め3日目の一番調子の悪い音源を「最後の曲だから」と収録しています。

ちなみに、アナログ盤ではこの曲の後で「いなせなロコモーション」も収録されています(見落としがちな1曲)。もちろん収録は同じく茅ヶ崎LIVEにて行われています。サザンでアナログとCDで収録内容が異なるのはこのシングルだけでして、LIVE音源収録であることも含めてかなり珍しい一枚です。

イエローマン~星の王子様~ (LIVE at デイファ有明)

2004年のシングル「愛と欲望の日々」収録。ほかのライブ音源はほぼオリジナルアレンジに忠実なのですが、この曲だけは違います!スローテンポでアコギ弾き語りからはじまる「イエローマン」になっているのです。

数ある音源の中でも一番聴く価値は高いでしょうね。

ラチエン通りのシスター (LIVE at デイファ有明)

同じく「愛と欲望の日々」収録。

まとめ

以上、全曲配信開始といっておきながら公式発表された音源中上記7曲が配信されていません(いなせなロコモーション茅ヶ崎ヴァージョンを含めると8曲)。

この機会に配信されなかったということは、もうこのまま闇に葬るつもりではないでしょうか。桑田さんは「過去の自分の演奏を聴くと冷や汗がでる」ってよくいいますからね~(笑)。

サザンマニアになろうとしている方はいまのうちにシングルCDという、S○AP細胞より見つけるのが困難になりそうな絶滅危惧種を確保しておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>