じゃあ、ひつじだよ!全員集合!を振り返ろうか

OOK77_daburupeace20141221150402500

ちょび髭やら、紫綬褒章やらで難癖つけられて、まさに思った通りの展開になっていると思われるサザンオールスターズ(想像以上でウハウハか?)。個人的には政治より音楽で話題になることを狙ってほしいですがね。。

まあ、政治的信条やら、天皇陛下崇拝やらはおいといて、ライブ自体を振り返ってみようと思います。

なお、ボクが観戦したのは「WOWOW12月31日」です。

スポンサーリンク

はじめに

サザンオールスターズの年越しライブとしては9年ぶりとなります。9年前はキラーストリートのツアー「みんなが好きです!」の最終公演でした。

年越し単独公演としては2004年の「暮れのサナカ」以来となります(時代を感じるタイトルだな(笑))。

「暮れのサナカ」は結構貴重なライブです。なぜなら、そのあとのサザンのライブはすべて大規模公演だからです。

サザンの2005年以降のライブ

  • みんなが好きです!(2005)
    キラーストリートリリースに伴うドームツアー
  • 無人島フェス(2006)
    浜名湖畔で8万人を集めた大規模フェス
  • 大感謝祭(2008)
    活動休止発表に伴う日産スタジアム4days
  • 大復活祭(2013)
    活動再開に伴う大規模野外ツアー

はい、どうみても大規模公演ばっかりです。冒険が限りなくし辛い状況です。

ということで久々の横アリ4日間。少々冒険的なことが可能なライブだったと思います。

ひつじだよ!全員集合!

冒頭3曲。

  1. BIG STAR BLUES (ビッグスターの悲劇)
  2. フリフリ’65
  3. 希望の轍

1曲目がBIG STARということで、「みんなが好きです」と同じです。3曲目が希望の轍っていうのも「みんなが好きです」と同一。正直、ここまでは既視感たっぷりのサザンのライブじゃないでしょうか。

まあ、サザンのライブにいまさら新しいものを求める人も少ないでしょうが…。みんな水戸黄門的お約束が好きですからね。

  1. 気分しだいで責めないで
  2. 匂艶THE NIGHT CLUB
  3. メロディ(Melody)
  4. 逢いたくなった時に君はここにいない
  5. あっという間の夢のTONIGHT
  6. Japaneggae

さくらツアー以来のJapaneggaeキタァーと思ったのはボクだけではないでしょう。

「気分しだい~」は茅ヶ崎以来?「逢いたくなったとき~」はゴン太くん以来かな?

まあ、ともかく割と珍しい曲をやってくれています。「匂艶」も結構久しぶりでしたよね。

  1. 死体置場でロマンスを
  2. Computer Children
  3. 鎌倉物語
  4. BLUE HEAVEN
  5. LONELY WOMAN
  6. SAUDADE ~真冬の蜃気楼~
  7. ごめんよ僕が馬鹿だった
  8. 涙のアベニュー
  9. 思い出のスター・ダスト
  10. シャ・ラ・ラ
  11. LOVE AFFAIR~秘密のデート~

Computer ChildrenとBlue Heavenキター!「Computer~」は渚園以来、「Blue~」は歌舞伎町以来かな?

しかし、「Love Affair」はもういいっすよ…。桑田さん、よっぽど好きなんだな、この曲(もしくは唄いやすいのか?)。

ここまでの印象としては「キターあるけど、少なくね?」ですね。

紅白出演

  1. ピースとハイライト
  2. 東京VICTORY

まあ、あまり言うことはないっすね。紅白出演用に最新シングルから2曲やりましたーって感じでしょうか。

煽り突入

サザンのライブではお馴染み、本編最後の煽りへ突入。

  1. 爆笑アイランド
  2. 愛と欲望の日々
  3. イエローマン ~星の王子様~
  4. 怪物君の空
  5. BOHBO No.5
  6. ボディ・スペシャル II
  7. 勝手にシンドバッド

個人的に「おぉ!」と思ったのは「怪物くんの空」と「BOHBO」ですかね。

「爆笑アイランド」は隠喩もクソもないですが、「怪物君の空」を安倍首相の前で歌ったってのは面白いですね~。やっぱりミュージシャンなんて基本「ラブ&ピース」ですからね。

他の曲は「いつも通りのサザン、ちょっと去年のライブとは被らないようにしてみました」という感じでしょうか。

でも久々に「ボディ・スペシャル~勝手にシンドバッド」で本編を閉じてくれました。「お約束」的にはいい感じだったのではないでしょうか。やっぱり安心感があります。

アンコール

  1. 天国オンザビーチ
  2. ロックンロール・スーパーマン ~Rock’n Roll Superman~
  3. 栄光の男
  4. Oh! クラウディア

割と普通でしたね。31日はこのアンコール中に、ニューアルバム発売と全国ツアーを発表しました。

まあ、それぐらいしか触れることがないっていう…。

まとめ

ベタベタのサザンではなく、ちょっとだけ捻ってみました、みたいなライブでしたね。

全33曲、3時間を超える大ボリューム。相変わらずサービス精神旺盛。ただ、「え、もう終わり?」みたいなライブもやっていいんじゃないかなぁとボクは思います。

しかし「怪物君の空」で「さすがに桑田さん年取ったなぁ」と感じました(ボーカルの話)。この状況から考えるにもう唄えない曲も結構あると思います。

ファンとしてはひとつのライブをすごく大事にしなくてはいけませんね。もうその曲は最後かもしれませんよ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>