サザンオールスターズ「葡萄」聴きました!

fd400947

「冷やし中華はじめました」じゃありませんが、葡萄ききました。。

サザンファンの皆さん、ニューアルバム聴いてますか?? もう次はいつになるかわかりませんからね~。心して聴かなくてはいけません

スポンサーリンク

「葡萄」を聴いてみた

10年の重み

10年ぶりのアルバムですからね~。2011年に桑田さんのソロアルバム「MUSICMAN」がありましたので、実質4年ぶり?

まあ、ソロは抜きで「サザンオールスターズ」として考えましょう。

最近のサザンのアルバムリリース間隔です。

  • Young Love→1996年7月発売(3年10か月ぶり)
  • さくら→1998年10月発売(2年3ヶ月ぶり)
  • キラーストリート→2005年10月発売(7年ぶり)
  • 葡萄→2015年3月発売(9年半ぶり!

いやー、もう次はないかもねー。。これはファンも心して聴く必要があるかと思います。

順調にいったとしても、今年の活動は葡萄ツアーで終了でしょうね。

次はビクター・アミューズの事情からベストアルバムが発売されるでしょうし、それに伴うスタジオツアーとかなんやらでどんなに早くても次のアルバムは3~4年は出てこないでしょう。。

桑田佳祐の歌詞が変わっている

限定盤付属の「葡萄白書」内でも述べられているのですが、とにかく歌詞に出てくる「英語」少ないです。

あの語感重視で、デタラメ英語を連発していた桑田さんがこんなアルバムに仕上げてくるとは正直予想していませんでした。

東京Victoryの記事でも書いたんですが、ホント桑田さんの歌詞はここ何年かで別物になってますよね。サザンらしい「パリの痴話喧嘩」がアルバムに入らなかったのは歌詞が理由でしょうか(笑)。

スピード感あふれるアルバム

一方、音の面ではかなりスピード感あふれるアルバムになってますね。どの曲も畳み掛けてくるような感じ。

M1「アロエ」~M6「イヤな事だらけの世の中で」あたりまで息つく暇がないです。。どんどん情報投入されて、出し惜しみがないです。

そのあとも、M7「天井桟敷の怪人」も桑田さんの鬼気迫るボーカルからM16「蛍」まで一気に聴かせる構成で隙がない。。ちょっと息苦しいくらいかもしれません。

あぁ、M12「平和の鐘が鳴る」とM13「天国オン・ザ・ビーチ」は意図的に曲間を狭くしてますね(笑)。この辺は自分たちは目立ちたがりの芸人であるというアピールでしょうか。。

ピースとハイライトは浮いてる?

サザンにしては珍しくアルバムとしての統一感を感じているのですが、1曲だけ浮いていると感じる曲があります。

「ピースとハイライト」です。

ファンファーレ的にはじまるイントロといい、派手な管楽器編曲といい、唯一このアルバムの雰囲気にあってないんじゃないでしょうか。

まあ、それがインパクトになってるといえばなってるんですが、やっぱり特異な曲だなーと感じるわけです。

紅白以来のアレヤコレヤもイメージに影響しますよね。。

音質はそんなにいいとは思わない

この葡萄ですが、サザンのアルバムとしてははじめてのテッド・ジェンセンマスタリングとなっています。

うーん、でもだからって対して音質よくないよねーm9( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )c9m

なんか、テッドさんのマスタリングってだけで無条件にほめられているところがある気がするんです。しかし、こんなに大編成(管弦アレンジが多い)の曲が多いのにいまどき16bitのCDで出されても、狭苦しさが目立っちゃうんですよね。

たとえば「Fun! Fun! Fanfare!」より曇ってますよ、このアルバム。(そういう音作りを狙っているのかもしれませんが…)

だからさっさとハイレゾで売ればいいのになー。ひょっとして、アナログを買えというビクターからのお布施要求かもしれぬ・・・

葡萄を食べて消化中です

まだ5回しか聴いてないので、これから印象も変わってくるかもしれません。

しかし、この段階で「いままでと違うサザン」との強烈な印象はあるわけで、正直新しいものを全く期待していなかったボクとしてはかなり興奮気味です。。

Budou

2,400円
(2015.04.01時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>