ガッカリした謝罪発表とまあまあ納得した夜遊びとモノマネの話

gear-192875_640

一部で話題になってますね~。桑田さんの年越しライブ演出騒動。

とりあえず桑田さんからの発信は昨日のラジオで区切りだと思いますので、雑感を書きたいと思います。

↓発表された謝罪文。そして、土曜日1月17日のラジオ生放送にてこの件に関して本人より言及がありました。

スポンサーリンク

正直ガッカリしていた

さる木曜日(1月15日)、↑のような謝罪文がアミューズより発表されました。

え、こんなくだらないことで謝るの?

と、桑田さんにガッカリしましたよ。くだらねぇなー。

で、昨日の「夜遊び」

桑田さんが謝罪したかったのは紫綬褒章の取り扱いと天皇陛下のマネの2点とボクは理解しました。

どっかの阪神大好きスポーツ紙が「【ほぼ全文】」というお題目をかかげてますが、「ほぼ」ってのが恣意的だな~と思います。なんか肝心なことが抜け落ちてますよね~

個人的には陛下のマネすら許されないのか、という思いと、まあ、その2点なら謝罪するのもありかな、という思いを持ちました。サザンはビジネスとしてデカくなりすぎましたからね。

紫綬褒章

紫綬褒章をポケットから取り出した件に関しては「段取り間違えて~」のくだりで理由も明確です。(たかが勲章メダルじゃねぇか、ゴミ箱にいれたわけでもないのに。とは思います。。)

オークションにかけるジョークは個人的にはアウトですね。オリンピックのメダルをオークションにかけられるのと同じような気分。まあ、内輪でウケる雰囲気で行き過ぎだと思いました。

天皇陛下はモノマネすら許されないのか

ただねぇ、あの陛下のモノマネが不敬ってされるとねぇ。。天皇陛下がアンタッチャブルになっちゃいますよね。ひとりのミュージシャンの発言とはいえ、息苦しい世の中ですな。

桑田さんのモノマネって割とクオリティー高いんですよ(笑いとして面白いかは別ですが(笑))。加山雄三とか前川清とか植木等とかジョン・レノンとか。。お分かりだと思いますが、全部桑田さんが大好きな人達ですよ

ただし、すべて若干ブラックなモノマネになっている。まあ、そのブラックな部分が天皇陛下に対してはNGだったってことでしょうかね。

なんか、伊藤博文の作った憲法を無理やり都合よく解釈して、変な方向へ突っ走ったころの日本みたいで嫌ですけど、仕方ありません。

最後に

ガッカリ感がすべて払拭されたかというとされてません。そして最近のプロモーション方針みていると「もうサザンにそんな大きな期待は抱かない方がいいかなー」って思っちゃうんですよ。

立ち位置とか年齢を考えれば、そんなとんがったことをしないのはよくわかります。

でも、まだちょっと期待してるんですよ。そんなファンもいるってことを桑田さんには知ってもらいたいかな。

ちなみに、「サザンが日本国旗に「×」をつけてる」とか「尖閣諸島を魚釣島という主張をしているのがサザンオールスターズである」という主張をしている人間がいることは、もう目的がサザン叩きなのでどうでもいいです(笑)。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>