【レビュー】Art of McCartneyを聴いたぞ

20141209_155607260_iOSPaul McCartneyトリビュートアルバム「The Art of McCartney」。せっかく発売日に注文したのに、Amazonの在庫欠品により手に入れたのは12月10日という残念な結果になりました。

まあ、国内版の発売日とそろったという意味のない偶然の一致はありましたけどね。。

スポンサーリンク

パッケージが豪華で満足

ボクが購入したのは、2CD+DVDのバージョン。まだDVDは観てもいません(笑)。

なんか3万円ぐらいするUSBとアナログLPつきの超豪華パッケージもあるようですが、いったいどんな人が買うのでしょうか??

パッケージ

20141209_155717414_iOS

箱入りのブック型パッケージになっており、なかなか豪華仕様です。

詳細なブックレット付

20141209_155734907_iOS

各曲の詳細なクレジットや簡単な解説も掲載されており、非常にできのいいブックレットだと思います。ただしパッケージと一体型ですので、読みやすいとは言い難いです。

演奏メンバーがほぼポールのバックバンドだった

事前に調べることをほぼせずに購入したのですが、このアルバムの演奏は今のポールのツアーバンドが担っています(もちろん一部除く)。担当は以下の通り。

  • Drums : Abe Laboriel Jr
  • Bass : Brian Ray
  • Guitars : Rusty Anderson
  • Keyboards : Paul Wix Wickens

ちょっと驚きとともに、ガッカリした点です。別に彼らを否定するわけではなく、カバーアルバムなのにこのメンバーでレコーディングしたら、ポールのアルバムになるじゃねぇか、と感じたのです。

予想通りすごく質のいいカラオケアルバムに

というわけで、聴いてみます。すると、案の定というか、なんというか、質のいいカラオケになっちゃってます。各ミュージシャンの味がでていない。無理やりオレのボーカルにして歌っている人はいますが、演奏がポールのバックバンドなんですよね。

最近のポールのライブにゲストボーカルを迎えた感じになってしまっているのです。

ベストトラックはB.B King

したがいまして、ボク的にはいいと思ったのはポールバックバンドの演奏ではない曲が中心になります。

  • Bob DylanのThings We Said Today
    言わずもがな。いいか悪いかは別にしてディランのダミ声で別の曲に(笑)。
  • Brian WilsonのWanderust
    アレンジがすごく凝っている。さすがブライアンという感じです。
  • KissのVenus And Mars / Rock Show
    次曲のLet Me Roll Itが聴いたことがある感満載なのに対し、すごく新鮮に感じます。
  • Def LeppardのHelen Wheels
    良く知らない人でしたし、別にトリッキーなアレンジでもないのですが、なんかカッコいい。雰囲気ありますね。
  • B.B KingのOn The Way
    完全にB.B Kingの曲になってます(笑)。こんなアレンジになっちゃうんだ。一聴してわかるB.B Kingのギターも健在です。この人やっぱりキャラクター強いよな~。このアルバムではベストトラックです。

まあ、独自のキャラクターがあらわれてこそのトリビュートアルバムだと思いますので、ボクの好みは上記となります。

反対に、Billy Joelなんかはイマイチでしたね。。彼である必要があまり感じない。。さらにいえば、Hey JudeとかYesterday、Let it beなんか逆立ちしてもポールのバージョンの劣化にしかならない難曲に挑んだ人々には尊敬の念こそわきますけど、「歌うまいな~、でもこれやる必要あるの?」という感想しかわいてきませんでした。

まあ、そういう意味でビートルズの曲が比較的すくないのかもしれませんね。

BGMとして使うなら名盤かも

みんな控えめで、ポールの曲を豪華メンバーが歌ってみました、というコンセプトアルバムであるならBGMとしては最適かもしれません。

おそらく、低予算化のためポールのバックバンドを使って短期間でレコーディングしたのだと思いますが、なんとなくかる~い仕上がりですね(笑)。

肩肘はらずに流し聴きする。ちょっと失礼ですが、そういう気楽なアルバムとしていい感じに仕上がってます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>