Wings at the Speed of Sound の2014リマスターBOXをご紹介

Paul McCartney Arcive Collection第7弾は大ヒットしたのに地味なアルバム「スピード・オブ・サウンド」です。もう発売から1週間も経ちますがやっと開封の儀?を執り行いましたので、その模様をお伝えします。

スポンサーリンク

Wings At The Speed Of Sound / Wings (1976)

Wings最高潮の1976年全米ツアーに合わせて発売されたアルバム。Band on the Run、Venus and Marsと来てのこの作品である。当然バカ売れ、ビルボード・チャートでは7週の1位を記録。年間3位の大ヒットとなる。

また、シングルとして発売された「Silly Love Songs(心のラブソング)」に至っては1976年のビルボード年間1位を獲得している。ポール絶好調期の作品である。

ただし、このアルバムはWingsの全メンバーがボーカルをとっており、ポールが手を抜いたWingsというバンドを売りたかったという思いが強く出ている。そのため、現在となってはポールのアルバムの中で最も人気がないのでは?と思うほど存在感の薄いものになってしまった。ヒットチャートと後世の評価の乖離が大きい作品。

スーパー・デラックス・エディションの見どころ

見どころ?ないんじゃないの?というくらい地味です。なにしろボーナス・ディスクは22分しかありません。ちなみにボーナスDVDも測ったように同じく22分しかありません。

なんといってもこのアルバムの曲作りは、1975年の日本公演の中止で暇ができたから行われたらしく、そんなに多くのマテリアルのあるレコーディングではなかったと思われます。おまけに1979年グラスゴーやOne Hand Clappingで演奏されてる曲がないので、水増しも出来なかったと思われます。

強いて言うならボーナス・ディスクの4曲目、「Beware My Love (John Bonham Version)」でしょう。えぇ、これなかったら買わなかったかも・・・。

パッケージ紹介

表ジャケット

卒業アルバムではなくなりました。

2014-11-09 02.33.58

裏ジャケット

収録内容一覧。

2014-11-09 02.34.08

裏ジャケットその2

オリジナルでは中ジャケットでしたっけ?この写真。。

2014-11-09 02.36.09

ディスク

たぶん1度しか使わないディスク達。

2014-11-09 02.42.10

中身

日本盤のジャケット写真も載っています。こんなシリーズでちゃんと紹介されるとは日本も優遇されてますよね。

2014-11-09 02.43.09

内容はシリーズ最低です

う~ん、シリーズ中、一番内容が薄いですね。

ボーナス音源

ボーナス・ディスク収録曲一覧です。

  1. Silly Love Songs (demo)
  2. She’s My Baby (demo)
  3. Message To Joe (vocoder track)
  4. Beware My Love (John Bonham Version)
  5. Must Do Something About It (Paul’s Version)
  6. Let ’Em In (demo)
  7. Warm and Beautiful (instrumental demo)

シリーズ最短の22分を切る収録時間。期待されたポールヴォーカルヴァージョンは1曲に留まっています。ポールのピアノ弾き語りデモが3曲、インストが1曲。ボーナスっぽいのはやはり4曲目のBeware My Love (John Bonham Version)のみといってもいいでしょう。

で、そのボンゾヴァージョンですが、確かにボンゾですね。というか、そう聴こえるようにミックスしてる。でもね、やっぱり遠慮してるんじゃないか~という感じです。

ボーナスDVD

これまた22分しか収録なし。見てるとヴィーナス・アンド・マースのDVDとどっこいどっこいでしょうが、まあ1度見たらもういいでしょう。あっちはアルバムに入らなかったシングルやB面曲を収めたボーナス・ディスクはちゃんとしてましたので、やはり、シリーズ最低の出来ですね。

Venus and Mars(リマスター2014)のBOX届いたべ
数日前から「出荷がおせぇ」とウダウダいってきました、Venus and MarsとSpeed of SoundのリマスターBOX。やっと届き...

ハイレゾ音源

こちらはいいです!アルバム冒頭のLet ‘Em Inのチャイムが透き通ってます。全体通して大分澄み切った雰囲気に仕上がってます。She’s My Babyとかかなり良くなっていると思いますよ。

ただボーナスオーディオは元々の音源があれなんでしょうけど、大したことはないですね。ちゃんと力入れてミックスしたと思われるボンゾのドラムだけ妙に高音質です(笑)。

まとめ

ヴィーナス・アンド・マースでもマニアだけ買えばいいんじゃない?って書きましたが、、それ以上のマニアだけしか買ってはいけません。どうみてもただのお布施になってます。。まあ、デラックス本のクレジットとか読むのが好きな人は買っても少しは楽しめるかな。。

At The Speed Of Sound[Remastered] / Wings [e-onkyo]

ポール・マッカートニーアーカイブコレクションの過去記事

Band on the Runのスーパー・デラックス・エディションを振り返る
さてさて、日本版もまもなく発売されるPaul McCartney & Wings「Venus and Mars」と「Speed Of...
McCartney のスーパー・デラックス・エディションも振り返る
11月5日発売のPaul McCartney & Wings「Venus and Mars」と「Speed Of Sound」のリマ...
McCartney II のスーパー・デラックス・エディションを振り返る
Paul McCartney Archive Collection第3弾のパッケージレビューです。 以前の記事はこちら ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>