今日聴いた曲より 中森明菜「スローモーション」

スポンサーリンク

アイドル?

私、長い間アイドルって馬鹿にしてたんですよね~。中二病ですね(笑。

とにかく私のリアルタイムだとSPEEDとかモーニング娘。がそれにあたるわけなのですが、おっさん臭くサザンばっかり聴いてました。

(アッキーナではなく)明菜を聴くようになったキッカケ

なぜ、中森明菜を聴くようになったかというとテレビ東京の50周年記念特番で過去の(テレ東らしい)お宝映像をわさわさ流していた中に彼女がうつっていたのがきっかけです。

そこで表題の「スローモーション」が流れていたわけなのですが、久々に知らない曲一発で気に入りました。リアルタイム世代ではない私にとって中森明菜といえば「Desire」とか「飾りじゃないのよ涙は」とか、いわゆるツッパリ系の印象しかなかったのです。そこで「中森明菜」でこの曲(スローモーション)で「なんていい曲なんだ」と感じたのです。

そしてもうひとつ理由があります。消費税5→8%が目の前に迫っていた時期だったのです(笑)。散々迷った挙句、「もうすぐ高くなるしな・・・」と思い、e-onkyoのサイトからベストアルバムのハイレゾ音源を購入。今となってはその類まれなる歌唱力を発揮しまくっている「北ウイング」とか「禁句」とか、ちょっとHな「少女A」ばっかり聴くようになったのですが、きっかけは間違いなくこの曲なのです(つまり中森明菜にハマッてしまったわけだ)。

デビュー曲の魅力

スローモーションのことあんまり書いてないですが、この曲が人を惹きつけるのは歌が上手すぎない中森明菜ではないでしょうか。

さっき書きましたが「北ウイング」のビブラートとか恐ろしいですよ。この人。某自殺未遂騒動前のLIVE映像とかも手に入れちゃうほどハマってるんですが、そいつが歌がウマ過ぎ。歌手としてのパフォーマンス最高クラス間違いなし。

ちなみに↓これね。

確かに魅力的なのですが、映像だとMC部がほぼないため人間を超えたような存在にみえてしまう。なんか歌と音楽にすべてを捧げてしまったような・・・。

でもスローモーションのスタジオ録音ではまだそんなにうまくないんです。でも、スゲーいい曲に聞こえるんです。確かにこの時点でのスローモーションは未完成かもしれませんが、中森明菜も普通の人だったのがわかるような気がします。たぶんそこが魅力なんです(強引)。

そして彼女のおかげで、松田聖子とかキョンキョンとか聴いてみるキッカケができました。たぶんAKBとかもこれからは先入観なしで聴ける気がしてます。

私にとってはそんな影響力大の1曲であります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>