RuneAudioを私が使う3つの理由

私、自宅ではCDは全てFLACで取り込んでNASにぶち込み、それをRaspberry piにいれたRuneAudioで再生しています(他、何点か購入したハイレゾファイルあり、FLACやDSD(DSF)ファイル)。

Raspberry piっていうのは1ヶ月つけっぱなしで電気代が50円?とかそういうレベルの機械ですので、常時起動をすること前提に購入しました。ちなみに本体は5000円程度で国内でも購入できます。

Raspberry pi向けの音楽ディストリビューションとしは「Volumio」が一番有名だと思いますが、私は「Rune Audio」を使用しています。理由は下記3点です。

スポンサーリンク

1.接続しているUSB-DACの電源をON-OFFしても普通に動作する

まあ、全部フリーのものを使用して文句言うのもアレなんですが、私の環境ではVolumio(使用バージョンは1.4)をインストールしたRaspberry piにUSB-DACをつなげてUSB-DACの電源をOFFからONにしてもすぐに使えませんでした。大抵、Volumio側のMPDを再起動するか最悪Volumio自体の再起動が必要な状態に陥ります。

その点、RuneAudioではDACの電源をON-OFFしても特に煩わしい動作もなく、再生開始すれば普通に使用することが出来ました。この差が大きかったです。

2.Last.fmにscrobbleする機能が簡単に設定できる

下記の記事で述べていますが、私は音楽再生履歴を残すのが大好きです。。

音楽再生履歴管理はLast.fmがおすすめな5つの理由

Volumioでも設定を行えばLast.fmへscrobbleできるのでしょうが、標準の機能はありませんでした。対して、RuneAudioではGUIから簡単に設定が可能です。記録フェチの私としてはこれは実に大きな差でした。

rune

こんな感じで、ユーザー名とパスワードの設定だけで再生したものをScrobbleできます。

2014/11/13追記
Volumio1.5でもScrobbleができました!ただし、若干面倒ではあります。

簡単だった!Volumio 1.5でLast.fmへScrobbleする手順
rasberry pi を簡単に音楽サーバーにする「Volumio」。先日バージョン1.5がリリースされました。そして、起動しっぱなしだ...

3.DSDファイルのタグ認識に対応している

これも私の環境では、VolumioはDSD音源の形式のひとつであるDSFファイルのタグを認識してくれませんでした。ライブラリに出てこなかったり、ファイル名で直接出てきたりしてイマイチだったのです。しかし、RuneAudioでは設定したタグにてきちんと表示されて、FLACファイルとシームレスに表示されます。

再生時にフォーマットを特に意識しなくてよくなるので助かります。

まあ、そもそもDSFファイルのタグ編集は今年になってようやく一般化してきた機能ですので、Volumioでも次のバージョンあたりでは対応するのかもしれません。

ちなみにタグ編集はMp3tagを使用しております。

0.3-beta for Rpi has a release date

そんなRuneAudioですが、0.3-Alphaのリリースから3ヶ月ほどでやっと0.3-betaのリリースが10月29日に決定しました。変更点を引用すると以下の様な感じです。

  • Added CuBox and UDOO as certified working devices (coming soon)
  • Improved sound quality
  • Improved general stability
  • Support for Raspberry Pi model B+
  • Out of the box support for Raspberry Pi’s most popular I²S DACs:
    • G2Labs BerryNOS
    • G2Labs BerryNOS mini
    • HiFiBerry DAC and HiFiBerry DAC+
    • HiFiBerry Digi and HiFiBerry Digi+
    • IQaudIO Pi-DAC and IQaudIO Pi-DAC+
    • RaspyPlay3 and RaspyPlay4
    • Wolfson Audio Card
  • Out of the box Wi-Fi support with configuration wizard
  • Working USB automount
  • Rpi Analog and HDMI outputs enabled and working fine
  • Shairport audio output switch
  • Shairport patched to achieve better integration with MPD
  • Spotify Premium integration through spop
  • UPnP/DLNA capability with OpenHome support through upmpdcli v0.8.2
  • Better support of SMB/CIFS and NFS mounts
  • Updated MPD to 0.18.16
  • Updated PHP to 5.5.17
  • Updated NGiNX to 1.4.7 with nginx-push-stream-module support
  • Changed database type (removed sqlite, added Redis)
  • PHP, NGiNX and MPD optimized and recompiled
  • RuneUI 1.3 with the following updates:

    • DEEP CODE REWORK (more details in this blog post)
    • Huge performance boost (rendering speed and response times)
    • New Wi-Fi configuration section
    • New Library home screen
    • Bookmarks management
    • Webradios management
    • Integration of Dirble (radio stations Open Directory) and Jamendo
    • Playlists management, save/clear current queue
    • Queue sorting with drag and drop (not working on Firefox mobile)
    • Improved Sources section (network mounts management)
    • Improved Network section
    • Added new Debug section
    • Added toggable FFmpeg decoder plugin in MPD options
    • New ultra-fast database backend based on Redis
    • Real event-driven UI notifications
    • Upgraded Twitter Bootstrap to v3.2.0
    • Upgraded Font Awesome to v4.1
    • Upgraded jQuery Knob to v.1.2.9
    • Upgraded jQuery Countdown to v.2.0.1
    • Upgraded Parsley to v.2.0.5
    • Upgraded PNotify to v2.0.1
    • Added apple-touch-icon.png for iOS touch devices
    • Added support for Firefox Open Web App

主にUIの改善に力が入れられたようですね。MPDも新しいバージョンになるようですし、音質にも力を入れたことが明記されていますので、リリース日が楽しみです。

ただ、RuneAudioも一応「beta」とついていますので、結構おかしな点はあります。私の使用する0.2-betaでも「UIにIPアドレス設定画面があるのに設定しても反映されない」というバグがありました。面倒くさいので私はDHCPで使っていますが使用する人によっては致命的ですよね。ここが0.3-betaで改善されるといいな~と思っています。

とりあえず、Last.fm使いでDSD音源持っている人にはRuneAudioおすすめです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>