ドコモのiPhone6が値下げ! 代わりに月サポが減額!

smartphone-593321_1280

ドコモさんがiPhoneデビュー割の内容を変更しました! もとは月々サポートを増額という形だったのですが、本体からの値引きに変更です。

これによってイニシャルコストが低くなりますので、iPhoneが欲しかった人には耳よりなのではないでしょうか?

そして、ボクの計画をあっさり破壊してくれましたとさ( ´∀`)フハハハハ…(まあ、もう途中までやってるからいいけどさ)

※なおこれは2015年3月8日時点の情報に基づく記事です。

スポンサーリンク

iPhoneデビュー割が本体からの値引きに

docomo公式ページより以下転載です。あれ、金額が増えてる!!

image

iPhone 6 Plusだと割引が増額!

iPhone6 Plusだと割引が25920円! 意味が分かりません(笑)。昨日買った人に喧嘩を売ってるのでしょうか(無印6の金額はそのまま)。。

この値引きによってiPhone 6 とiPhone 6 Plus の値段が同額になっています。。

ドコモさん、この値引きの意図はなんなんですか???

一方月々サポートは元の金額に

本体代金からの値引きということで、以前のボクの記事でとりあげた時とは月々サポートの金額が変わっています。

image

本体値引き前は3618円(新規)だった月々サポートが3078円に変更です。まあ、総額ではかわりません。しかしiPhone6 Plusは本体の値引きが増えていますのでお得です。。

機種変更の適用条件も変更

まえのキャンペーンの詳細画像を残していないので、はっきりとは言えないのですが、機種変更による適用条件も変更されています。

image

以前は機種変更はFOMAからの変更のみだったのが条件がなくなっています。

普通に最近のスマホからの機種変更でもこの割り引きが適用されるようになったわけです。これは本当に変えたい人には良いお知らせでしょう。

でも、すげぇわかりにくいし、田舎のヤマダ電機とか平気で「FOMAからの変更のみ適用となっています(`・ω・´)キリッ」とかいいそう。。

まったく、だから最初から分かりやすく作れよ。

さてどう動こうか迷いどころ

以下の記事で、我が家の携帯電話使用料を3人分のカケホーダイで4500円にしてやろうという計算をしています。そして実行しています。

ドコモのカケホーダイ料金を安くしたい! 維持費を計算してみる
前回記事にてドコモを安く利用する計画を実行する決意を固めたことを書きました。 というわけで、まず、どんな料金に実際なるのか? という試算を...

当初、(ボクのデータ回線枠が空くはずなので)先月と同様にiPhone6のデータ回線を再び契約して月サポの余りを増やそうと思っていたのです。

そこにきて、こんなキャンペーン変更。どうしようかなぁー。iPhone買取価格も変わるだろうし、色々計算しなおさないと動けないな…。

まじケータイ業界もっとわかりやすい商売しろよ、って思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>