ガラスフィルムは貼り方より「はがし方」が重要!

ドコモショップで月サポ目的で契約を行ったときのこと。。

店員さん「オプションに入っていただきますと2000円分のお買物券を差し上げます」

正直、携帯ショップの在庫限定の2000円なんぞ大した価値はないのですが、まあいただけるものはいただきます~、ということで店内を物色。。

そこでiPhone 5sのガラスフィルム(2500円)を発見。。

ワタシ「これ、もう500円足せばもらえますか?」

店員さん「はい、そうなります」

というわけで、500円でガラスフィルムを頂きました。

スポンサーリンク

ガラスフィルムゲット

ゲットしたフィルムはこちらになります。

20150425_174618841_iOS

MSプロダクツさんのフィルムです。高価な薄型タイプではなく、厚めの安物と思われます。。

しばらく放置

ワタクシ、1年ほど前からiPhone 5sを使っているわけです。

まあ、このガラスフィルムもなんか使い道があるかな~、と思ってゲットしたわけですが、1年前にヨドバシカメラで保護フィルム貼り付けサービスを利用してほぼ完璧な姿になってたんですよね。

そういうわけで、貼り直しをする気がイマイチ起きませんでした。

保護フィルムは劣化する

とはいいつつも、フィルムを貼り付けて約1年。丁寧に扱っているため傷はほぼないものの、スマホ中毒よろしく普段から触りまくっているため、汚れに対する耐性はほぼ無くなっていました

どんな感じかというと、指紋が付いてそれを拭くと果てしなく延びていって全然拭き取れなくなる感じ。なんかテレビショッピングの洗浄剤を使えば簡単に汚れが取れる前の状態です。

もうこれはフィルムの耐指紋コーティングが終了したんだな~と観念して、ゲットしたガラスフィルムを貼り付けることを決意したわけです(大げさ。

貼り付け

定番の風呂場へ

フィルムの貼り付けといえば、風呂場です。2chのテンプレート的には「真っ裸で風呂場」ですね。

なお、服を着たまま風呂場で貼り付けを行いました。

まあ、ホコリのひとつやふたつ入っても「もういいや」って気分で臨んだのです。

ホコリがはさまり発狂

はじめてのガラスフィルム貼り。なんだこの固いのを置けばいいのか~、という感じで、スマホの上に設置(本当はフィルムが固いので位置決めも結構苦労しました。。

すると、スーと張り付いていきます。

しかし、1か所気泡が入ってしまい、そこをいくら指で押しても抜けてくれません。。いくらなんでもデカすぎなのです。

よーく見ると、ホコリが入ってました(;´д`)

ガラスフィルムは通常のフィルムよりもホコリが入ると悲惨になることを初めて知りました。

だめだこりゃ!次行ってみよ~、というわけで貼り直しを試みるも…

はがし方がわからない!

はがし方がわからんのですよね。。普通のフィルムならセロテープをつけて全体を持ち上げれば剥がれるのですが、ガラスフィルムって吸着力が強くて、そんな程度の力ではちっとも剥がれません!

いや~、この時はまじ発狂しましたよ。こんなデッカイ気泡つきたままじゃ使えねぇ!!ってね。。

はがし方はこうだ!

一旦、ソファーに座り、どうすればいいか考えるワタシ。。

「あ、剥がし方もネットで調べればいいじゃん!」

まったく、根本的なことに気づきませんでした(笑)。というわけで剥がし方はこちら↓。

仕上がり

というわけで一旦剥がして、付属のホコリ取りフィルムをフル活用して貼り直した結果「まあ個人でやる分には満足かな」的な仕上がりにはなりました。

こんな感じです。

DSC_0008

まあ、写真じゃわかりづらいですが、いい感じです。

ガラスフィルムの使い心地

良かった点

一応、貼ってみて1週間くらい使ってみたのですが、綺麗ですね。動画とか見る時だいぶいい感じです。

指の滑りも「すげぇ~」って感じで通常の保護フィルムとは全然ちがいます。慣れないうちはパズドラのミスが増えました(笑)

また、想定通り汚れに対する耐性も復活して、掃除すればすぐ綺麗になる程度にはなりました。満足な仕上がりです。。

イマイチな点

ただ、この製品に限った話でしょうけど若干映り込みがはげしいかな~。あと、フィルムが分厚いのでホームボタンの指紋認証が使いにくくなりました。

まとめ

ガラスフィルムは貼り方も重要ですが、あらかじめ剥がし方をおさえておくといざという時に慌てなくて済みます(笑)。

以上、個人的なメモ、そして、これからガラスフィルムを貼ろういう方のためのメモとして残しておきます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>