え、ワタシの初期費用…、高すぎ…。ドコモのカケホーダイ攻略! 初期費用計算編

iphone-6-458151_1280

どうも、ドコモを安く使う計画実行中のriverPotです。

前回の記事では月々の維持費がどうすれば安くなるのかを検討しました。結果、カケホーダイ3人で4500円ほどで持てることが判明。

しかし、携帯電話を契約する上では機種代金と初期費用、および初月の料金という大きな経費がかかります。前回お話した月々サポートは、契約翌月から適用となります。

初月は初月で別途計算しておかなければ、「あれ? こんなはずじゃなかったのに…」となってしまうこと請け合いです。

ということで、ホントに安くなるのかはっきりしませんのでキチンと計算しておきます。

スポンサーリンク

初期費用計算

なお、今回契約するのは音声1回線、データ4回線の計5回線です。物事を単純化するため、契約はすべてiPhone6で行います。

なお、今回も断りがない限りは税抜き表示でいってみたいと思います。

事務手数料

初回契約には事務手数料がかかります。まあ、電話番号発行とsimカード発行手数料みたいなものでしょうかね。

これが5台分かかります。

3,000円×5契約 15,000円

機種代金

計算のため機種代金は一括で考えます。

今回の計画ではiPhone6を5台契約しますので、当然その料金がかかることになります。ドコモのiPhone6・16GBモデルは現在、68400円します。(なお、価格は2015年3月1日の時点です)

68,400円×5台 342,000円

342,000円ねぇ…。

なお、ドコモさんは家族で複数台携帯を購入すると1台当たり21600円(税込)引になるキャンペーンを行っていますので、もっとお安く購入可能です。。キャンペーンは3月31日までのようです。

docomo

くわしくは以下のリンクより参照願います。

というわけで、キャンペーンを適用して計算します。

68,400円-20,000円×5台 242,000円

10万円も安くなった!

ってか、このキャンペーンどうなんでしょうか(笑)。こんな割引が出てくること自体、携帯電話業界の異常さを現しているような気がします。。普通に定価さげろよ! っていいたいですね。

初月の利用料

2か月目からは前回計算した維持費になるのですが、意外と大きい初月の利用料金はどうなるのか計算してみます。

なお、ドコモは契約初月の利用料金は日割りとなります。つまり月末日に契約すれば一番お得になるのですが、今回は作業に余裕を持たせるため(要するに慣れていない)、2月22日に契約します。2月22日~28日までの日割り計算です。

カケホーダイの回線

カケホーダイ 2,700円×7日分 675円
シェアパック10 9,500円×7日分 2,375円
インターネット接続料 300円×7日分 75円
合計 3,125円

データ回線

データ回線はちょっと事情が異なります。初期のプランはデータプラン(スマホ/タブ)です。翌月にデータプランをルータに変更します。

そして、ドコモはプラン変更するとなぜか高い方のプランが満額請求されるらしいので、1700円満額で計算しておきます。

データプラン(スマホ) 1,700円 1,700円
シェアオプション 500円×7日分 125円
インターネット接続料 300円×7日分 75円
合計 1,900円

以上のデータ回線を4つ作ることになります。

合計金額は?

というわけで、必要な各項目の計算は終わりました。合計金額を出したいと思います。

初期費用 15,000円
機種代金 242,000円
初月利用料(カケホ) 3,125円
初月利用料(データ)×4 7,600円
合計 267,725円
合計(税込) 289,143円

29万円かぁ…(ため息)。この計画を実行するには30万円近くの初期投資が必要なわけですね。30万円払って、3人のカケホーダイが4500円になるだけ…。

そして手元にはiPhoneが5台…。

iPhoneは売ってしまえ!

分割支払い中に売ってしまうのは若干まずい気がしますが、一括で購入してしまえば「やっぱりいらない~」ってことしてiPhoneを売却します(悪人)。

ヤフオクあたりをみてみるととりあえず1台6万3千円程度では売却可能なようです。そこまで手間もかけたくないので、6万円でお店に持ち込むことにします。

売却代金 60,000円
5台分合計 300,000円

30万円か~。なんかニヤニヤしちゃいますね~。

(なお、iPohneの買取相場は結構あがったり、さがったりします。もしワタシの真似をする場合は、よくよく注意して実行されることをおススメします。)

初期費用合計

ということで、総費用を計算します。

出費合計 289,143円
売却費合計 300,000円
合計 -10,857円

あれ? マイナスになっちゃったよ…。。

ボクが計画実行を決断したのはこの時です(笑)。

これなら実行する価値あるんじゃね

もしiPhoneをもっと高く売ることができたらむしろ利益すら出ることになります。

次回、ドコモショップへ

というわけで、ここまでで作った表をもっていって、家族と話をしました。面倒くさいのは嫌いな我が家もさすがに3人で4500円のカケホーダイは魅力に映ったようで、計画実行に同意します(ボクがしつこかったというのもある)。

その2人を連れてドコモショップで実際に契約を行うのが次回の記事です。。

オレ「iPhoneを5つください」店員「はぁ?」 at ドコモショップ
前回、および前々回の記事において、ドコモカケホーダイを安く利用する方法について研究してきました。 結果、初期投資が0円(正確には支出3...

先に感想を述べておくと超疲れますのでおススメしません(笑)

※なお、この記事はまだ実行中で請求額が確定していない試算段階のものです。マネして超高額請求がきてもワタシはしりませんので悪しからず。。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>