ドコモのカケホーダイ料金を安くしたい! 維持費を計算してみる

前回記事にてドコモを安く利用する計画を実行する決意を固めたことを書きました。

というわけで、まず、どんな料金に実際なるのか? という試算を行わないといけません。

なお、今回料金はなるべく税抜きで表記します。税込の時はその旨明示するようにいたします。

スポンサーリンク

ドコモのカケホーダイの仕組み

iphone-393080_1280

それでは、月々の金額のシミュレーションをしてみます。なお、月額の純粋な通信費のみ考えるため機種代金、初期費用、ユニバーサルサービス料は一切無視します。あとで考えますので。。

基本料金「カケホーダイ」は2700円!

現在、ドコモと音声通話のスマホの新規契約をするとカケホーダイしか選べません。基本料金は2700円です。そして後述するパケットシェアをするためにはカケホーダイ契約が必須となります。

パケットは家族でシェアできる! ただし最低料金でも9500円!

ドコモのカケホーダイの特徴として、家族でパケット契約を共有することができます。しかし、その最低料金が9500円もします(10GBの通信)。

つまり、家族内で最低1人が以下の契約をしなければなりません。

カケホーダイ 2700円
シェアパック10(パケット共有10GB) 9500円
インターネット接続料 300円
合計 12500円

なんと12500円の契約をしなくてはいけません。ちなみにインターネット接続料は必須ではないので、契約しなくても構いません。ネットに繋がらないだけです(笑)。

この辺が評判の悪い理由ですね。難しい上に、イニシャルコストが高すぎなんですよね。その時点で、踏み入れることに戸惑いを感じるんですよ。。

他の家族のパケット契約は500円で済む

まあ、悪口は置いておきまして、他の家族(というか回線)はどのようなプランになるのでしょうか。

ここで、パケットを代表の人と共有するために「シェアオプション」というオプションを契約します。このシェアオプションなんですが500円もします。たかが共有するだけで、しかも通信可能量が増えるわけでもないのに500円ってねぇ…。

おっと、また悪口になってしまいましたが、家族の契約は以下のようになります。

カケホーダイ 2700円
シェアオプション 500円
インターネット接続料 300円
合計 3500円

まあ、これくらいなら払えなくはないよねって感じの料金だとおもいます。

月々サポートというなぞの仕組み

さて、ドコモには料金割引サービス「月々サポート」という謎の仕組みがあります。機種を新たに購入した場合に、月々の負担を減らすため一定の料金を割り引くというサービスです。

たとえば現在iPhone6がキャンペーン中でして(このキャンペーンが計画実行の決断の一因なのですが、その話は次回)、月々サポートが3618円(税込)×24か月分つきます。昨年契約したiPhone5sには毎月2940円がついていました。

で、この「月々サポート」がなぜか機種を0円で購入してもつくんですよね(最近はドコモで0円かつ高額月サポがつく契約みかけませんが…)。つまり、0円で契約すると月々の支払が安くなるという…

さらにいえば罠として、25か月目からは料金がiPhone6の場合3618円も高くなるんですよね。ここは要注意ポイントです。

とりあえず、ここまでで料金を計算しなおします。

 シェアパックを契約する代表回線

代表はMNPで契約する父の回線(あとで現在のドコモとの契約状況を説明します)とします。月々サポートが税込金額に対して割り引かれるっぽいので、税込で計算します。

12500円×1.08-3618円=9882円

カケホーダイで共有する回線

今回、これにあてはまる我が家の回線は昨年契約したワタシと母の回線とします。月々サポートが2940円の回線です。

3500円×1.08-2940円=840円

どうでしょうか。子回線に関しては劇的に安くなるのです!

さてさて、そうはいっても父の回線が超高額回線になってしまいます。これをなんとかしなければなりません。

データプラン(ルータ)というものが存在する

ちょっと話は別っぽくなりますが、安くするためには重要な項目です。ドコモにはデータプランという電話はできないけどデータ通信専用のちょっと安いプランが存在します。さきほどのシェアグループに加えることももちろん可能です。

ということでiPhone6をデータプランで以下のように契約します。(iPhoneを契約するとデータプラン(iPhone)という基本料金が1700円のプランに入らされますが、翌月から1200円のルータプランに変更することは可能です)

データプラン(ルータ) 1200円
シェアオプション 500円
インターネット接続料 使わない(笑)
合計 1700円
合計(税込) 1836円
月々サポート -3618円
合計 -1782円??

はい、謎ですね~。マイナスになってしまいました。少なくともこの回線は0円で維持できるということです。

余った月サポは代表回線に回せる!

はい、ここが安くするポイントなのです。なんと余った月々サポートは代表回線の割引へと回すことができるのです。

つまり、上記-1782円をたくさん契約すれば代表回線の料金が安くなるんです。

家族3人で組むならこうだ

超個人的な事情をブログに書くのもどうかと思いますが、現在の我が家の状況で上記の事項を踏まえて、ドコモの料金を安くしてやろうとするとこうなります。

現在の状況

まず我が家の現在のドコモ契約状況です。(実際はワタシがデータ回線持ってたりしますが割愛)

契約時期 機種 月サポ
ドコモ契約なし・イーモバイル使用中
2014年3月 iPhone5s 2940円(税込)
ワタシ 2014年3月 iPhone5s 2940円(税込)

というわけで、上記3回線をカケホーダイにして、先ほど述べたデータ回線をたくさん契約する作戦を実行します。

カケホ×3とデータプランを契約しまくればこうなる

月サポが混じるので税込計算です。

父(カケホーダイ) 9882円
父(データ1) -1782円
父(データ2) -1782円
母(カケホーダイ) 840円
母(データ1) -1782円
母(データ2) -1782円
ワタシ(カケホーダイ) 840円
合計 4434円

なんとカケホーダイ3回線で4434円にまで料金を減らすことができました!!

え、なんでお前のデータ回線がないのか?って?

ごめんなさい、ボクは12月の終わりにドコモデータを2回線契約したばっかりなのです。。ドコモには同種の回線は90日以内に2回線以上契約することができないルールがあります(たくさんお金を積むとか、長期回線があるとかすれば、3回線目も可能らしい)。

でも90日が過ぎて、まだ(損にならない)条件がそろっていれば、ワタシの名義の回線も追加する予定です。なんせそうすればもっと安くなるし。

(なお、マイナス分は代表回線にしかききませんので、もっとデータ回線を増やしても840円×2回線分は残る計算となります)

まとめ

いかがでしょうか? あなたもやってみる気になりましたか?

なお、ボクの計画はまだ実行途中でして、結果を報告できる段階ではありません。

注意していただきたいのは、まだこれが試算の段階だということです。実際、現時点(3月1日)で契約は済ましているのですが、本当にこの値段になるのかまだ確定していませんし、この先色々あってちょっと料金が変わっていきます。

もちろん請求確定すれば、料金についてはこのブログで報告するつもりです。

そして、肝心な計算をしていないことに皆さん気づいているでしょうか?

機種代金と初期費用です。

以下の記事ではそのあたりの話をさせていただく予定です。

え、ワタシの初期費用…、高すぎ…。ドコモのカケホーダイ攻略! 初期費用計算編
どうも、ドコモを安く使う計画実行中のriverPotです。 前回の記事では月々の維持費がどうすれば安くなるのかを検討しました。結果、カ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>